社外CFO、社外取締役、社外監査役就任

公認会計士が社外CFOとして、貴社の成長を支援します - 左右公認会計士事務所(左右会計)

左右会計事務所の主な業務案内

  • 事業計画書作成支援サービス
  • 経営計画作成支援サービス
  • 株式公開支援サービス
  • 関係会社管理サービス
  • 巡回監査サービス
  • 外資系企業のサポート(会計・税務)
  • 社外CFO、社外取締役、社外監査役就任

  • 公益法人(公益法人制度改革対応、会計、税務、監査)
  • 協同組合(会計、税務、監査)

    左右会計事務所について

  • 会計事務所概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ - inquiry@cpasayu.com
  • トップページ
  • 社外CFO(最高財務責任者 – 外部CFO)サービスについて

     企業規模が大きくなってくると、経理的な視点のみではなく、財務管理や事業戦略との整合性といった視点から、経理・財務管理を総合的に考えていく必要があります。また、株式公開準備を進める上では、社内に監査法人・主幹事証券等との交渉窓口となる担当者を置く必要がありますが、新たに社外から実務経験者を雇用する場合には、会社の内情に精通するまでに時間がかかります。  

     そこで、経験を有する公認会計士・税理士等が、外部CFOとして、適時・適切な頻度でお手伝いをさせて頂きます。 CFOは会計・税務にとどまらずコーポレートファイナンスを含めた広範な知識が必要とされます。当会計事務所の外部CFOサービスは、企業活動に関する戦略思考を有した公認会計士が貴社の企業価値最大化をご支援致します。

    -  財務、経理部門では対応が困難な高度な財務・会計・税務上の問題への対応
    - 財務戦略、資金調達戦略の立案(中期経営計画、予算管理、月次決算制度)
    - 銀行、主幹事証券会社、監査法人等との折衝

    事業計画書作成についてのご相談やご依頼はこちらからどうぞ

    →お問い合わせはこちらへ - inquiry@cpasayu.com

     

    社外CFOサービスが役立つ局面

    社外CFOサービスが、貴社の経営に役立つ局面として以下のようなケースが考えられます。
    (1)企業価値向上のための財務戦略を立案出来るCFOの役割を担う人材が社内に不在である。経理部長や顧問会計事務所は期待に応えてくれない。
    (2)複数事業を営んでいるが、株式公開を早期実現するためにはどの事業に注力すべきなのか、経理部長も顧問会計事務所も財務数字からの説明が出来ていない。
    (3)会計や税務については信頼のおける経理部長だが、売上を拡大するために積極的な設備投資をすべきか否かといった経営判断にかかわる財務的な判断基準が提示できていない。
    (4)赤字事業部門について、今後の企業価値向上の視点から、事業を継続すべきか廃止すべきか財務数字を使って説明出来る人材が社内にはいない。
    (5)売上拡大のため営業拠点の増設を考えているが、その場合の予想売上拡大効果と予想支出の試算を出来る人材が社内にいない。財務を駆使して、社長の経営判断をサポートする人材が必要である。
    (6)投資家からの資金調達交渉において、会社有利の資本政策を立案出来る人材が社内に不在である。
    (7)最適な資本構成はいかにすべきなのか、負債による資金調達か資本による調達が望ましいのか分からない。コーポレートファイナンスに関する理解を持った人材が必要である。
    (8)増資を予定しているが、当社の場合、ベンチャーキャピタルから資金調達しても大丈夫なのかといった疑問に、顧問会計事務所は明確な回答を与えてくれなかった。ベンチャーキャピタルとの交渉においては、社長の参謀が必要である。
    (10)ベンチャーキャピタルから資金調達を受けることで合意したが、投資契約に記載されている様々な条件の有利不利の判断が困難である。経理部長も顧問会計事務所からも明確な判断基準のアドバイスをもらえなかった。投資契約書をチェックできるノウハウを持った人材が必要である。
    (11)ベンチャーキャピタルからCFOが派遣されてきたが、ベンチャーキャピタルの利益代理人的な行動をしている気がする。当社の利益を守るため独自に探すべきであった。
    (12)株式公開に向けて、早急に監査法人を選定しなければならないが、経理部長はどの監査法人を選ぶのが会社にとって有利なのかといった判断基準が無い。 

    社外CFOサービスについてのご相談やご依頼はこちらからどうぞ

    →お問い合わせはこちらへ - inquiry@cpasayu.com

     トップページへ戻る